Regional Innovation Research CenterGraduate School of Economics and Management, Tohoku University
地域イノベーション研究センター
東北地域のイノベーション能力の向上を図り、東北地域の産業振興と経済発展に貢献する ために必要な諸事業の企画、実施および調整を行うことを目的とします。

センター長のご挨拶

[MESSAGE]イノベーションを通して地域社会にインパクトのある貢献に向けて

地域イノベーション研究センター長 経済学研究科教授
MASAHIKO FUJIMOTO

2011年3月の東日本大震災から5年が経過し、これまでの政府による財政的支援に大きく依存してきた東北地域は、地方創生に向けて構造的な変革が求められています。中長期的な東北地域の発展のためには、 新たな産業を育成し定着させるための経済・社会政策や地域企業による新たなビジネスモデルの革新が不可欠です。そのために、東北地域の「産・官・学・金」が連携して地域社会にインパクトのある政策とその実行が求められています。

地域イノベーション研究センターは、中長期的な視点から東北地域の経済・社会に関する調査研究を踏まえた様々な政策を提言するとともに、地域経済・社会をリードできる 革新的な事業家である「地域イノベーションプロデューサー」とその支援者となる「地域イノベーションアドバイザー」を育成することによって、地域企業のイノベーションを促進し東北地域の発展に貢献したいと考えています。