Regional Innovation Research CenterGraduate School of Economics and Management, Tohoku University
地域イノベーション研究センター
東北地域のイノベーション能力の向上を図り、東北地域の産業振興と経済発展に貢献する ために必要な諸事業の企画、実施および調整を行うことを目的とします。

2016年度東北大学経営セミナー in 盛岡を開催

2016年11月21日
2016年度東北大学経営セミナー in 盛岡
 
 
「地方創生」が話題になっていますが、東北の地域経済は復興支援に伴う公共投資に依存し続けることはできません。これからの現実的な経済発展とは、従来型の量的拡大ではなく、質的な転換が求められています。
 しかし、大半の地域企業は、量的拡大による経済発展を前提とした従来からのビジネスモデルから脱却できず、地域マーケットの収縮に伴い、縮小化もしくは近い将来に廃業を迫られるケースが少なくありません。地域経済の質的転換が要求されている今日、多くの地域企業には、既存の枠組みにとらわれることなく、新たな発想による事業イノベーションが不可欠です。
 本セミナーでは、これからの時代を見据えたマーケティングによる新たな事業イノベーションの考え方のヒントを提供し、実際に事業イノベーションの実現を支援するための「地域イノベーションプロデューサー塾」のご紹介をさせていただきます。
 
 
 演題: 地域で生き残りを賭けた事業イノベーションの考え方
 講師: 東北大学大学院経済学研究科 教授
     同地域イノベーション研究センター センター長
     藤本 雅彦
 日時: 2016年12月13日(火) 15時00分~17時00分
 会場: コミュニケーションギャラリー リリオ 3階イベントホール
     盛岡市大通1-11-8
 
 主催: 地域イノベーション研究センター
 共催: 盛岡市、盛岡商工会議所、岩手銀行、盛岡信用金庫、花巻信用金庫、
     岩手県中小企業家同友会
 
 
 
 参加ご希望の方は、申込用紙にご記入の上、
 地域イノベーション研究センターまで、FAXまたはメールにてお申込みください。
 FAX    : 022-217-6266
 E-Mail:rips@econ.tohoku.ac.jp 
   
 皆様のご参加をお待ちしております。